Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > 環境 > 2012 JEJU WCC
『地方政府、環境保全・持続可能な発展の先導を期待!』
禹瑾敏(ウ・グンミン)道知事、5日世界地方政府サミットフォーラム開会式で強調
2012.09.07 (今) 済州道政ニュース contributor@jejujapan.com

   
 
   
▲ 2012済州世界自然保護会議(WCC)開幕を一日後にひかえ、世界地方政府サミットフォーラムの開会式が5日西帰浦市城山邑フィニックスアイルランドで行われた。

2012 済州 世界自然保護会議(WCC)開幕を一日後にひかえ、世界地方政府サミットフォーラムの開会式が、5日西帰浦市城山邑フィニックスアイルランドで行われた。

WCC特別行事として「持続可能な未来都市のための世界地方政府の役割」をテーマに開催された世界地方政府サミットフォーラムには、国際自然保護連盟(IUCN)などの国際機構と世界地方政府の首班及び関係者200余名が参席した。

   
 
禹道知事はこの日開会の辞を通し「環境と開発に対し均衡と未来のための持続可能な発展が新たな パラダイムとして要求されている」と語り「又、今年ブラジルで開催されたリオ+20環境会議で 潘基文(バン・キムン)UN事務総長など世界のリーダーが地球の環境保全の為の地方レベルの役割と行動がいつになく重要であることを強調した」ことを明らかにした。

「このような時代の流れの中で開催された今日のフォーラムはその意味が非常に大きい」とし「地方政府が持続可能な環境と開発政策を立案し実行するため、地域社会の構成員と緊密な協力体系を構築し、これを通じ地方政府主導の地球レベルでの環境保全の為の新たな価値と秩序の創出が必要である」ことを強調した。

引き続き「世界地方サミットフォーラムが気候変動への対応、生物多様性の保全、グリーン経済など地球の環境問題に対する地方政府の真摯な省察と悩みを共に分かち合い、道を見出す始発点」であり「また今回のフォーラムを契機に、ITと環境を結合しウェブシステム上で定期的に交流しながら懸案に対し論議することができる(世界地方自治団体持続可能発展サイバー環境ネットワーク)を構成すること」を提案した。

   
 
これと共に「済州は今回の世界自然保護会議に(世界環境モデル都市の評価及び認証システム)を構築することを骨子とした案件を上程している」ことを明らかにし、「サイバー環境ネットワークが構成されれば、世界の各地域が模範的環境事業に対してノーハウを共有し、共に評価し認証するなど相互協力しながら環境モデル都市をつくっていく事が出来るいい機会になること」を確信した。

イ・サンゴル行政安全部第二次官は歓迎の辞を通し「環境問題は全世界的な問題であるが、これを解決するためには地方政府レベルでの協力と対応能力の強化が重要だ」とし今回のフォーラムが各国地方政府の環境政策に大いに役立つことを願った。

ヤン・スギル委員長は開幕式の基調演説で「グリーン成長において地方政府の役割はとても大きい」とし「地方政府のグリーン成長政策は政府が方向を舵取りするなどの制度的枠はよく整っている」と評価した。

引き続き「グリーン革新は国家の役割も重要だが都市と農村など地域共同体で成されなけれならない」とし「中央の支援だけでは限界があり、根本的なことは自発的な地方間のガバナンスを基本にしなければならない」と説明した。

ヤン委員長は最後に「グリーン革新という花を咲かせるためには地方政府の役割が重要で、発展可能性も高い」とし政策の方向性を未来志向的なものにしていくことを強調した。
 
開会式に続き「グリーン経済と世界環境モデル都市のための地方政府の役割」と「持続可能な生態系維持政策と未来の食料安保」、「気候変動に対する地方政府の対応方向」などをテーマにガバナーセッションが開かれた。

「グリーン経済と世界環境モデル都市のための地方政府の役割」をテーマにした最初のセッションでは、 姜雲太(カン・ウンテ)光州広域市長が「地球を救う低炭素グリーン都市の推進戦略」について発表し、炭素バンク制度など光州の環境政策を紹介した。

又、 禹瑾敏道知事をはじめフランス ポール・ジアコビ コルシカ州知事、中国 ジャオレンジュンスィパンホ市委員会書記、ジオフリ・リフマンUN WTO事務総長顧問なども環境政策について発表した。

午後には「持続可能な生態系維持政策と未来の食料安保」、「気候変動に対する地方政府の対応方向」などをテーマにセッションが続き、フィリピン アブラハム Kミツラ フィリウアン州知事、マレーシア ジェームス チャン シン ナンクーチン市長、タイ ソムジャイ スウアンスパナ プーケット市長などが自国の地方政府の環境政策を相次いで紹介した。

済州特別自治道関係者は「 WCC特別行事として開催される 世界地方政府サミットフォーラムは、済州を世界的な親環境都市に造成するための世界環境首都プロジェクトのビジョンを共有する場として、 IUCNなど国際機構と連携し地方政府レベルでの環境問題解決に対する接近方法と協力体系の準備が模索されることを期待している」と語った。

一方6日、世界地方政府サミットフォーラム参席者たちは「済州地域生態ツアー」後、 WCC開会式に参席する。


お問合せ)WCC推進企画団 710-2851

記事:済州道政ニュース(http://news.jeju.go.kr) 2012.9.5より転載

ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。