Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > コミュニティー > 済州は今
ウォーキングの元祖「オルレ」名声を取り戻す
オルレ観光客の安全確保の為、関連機関との共助を協調、「一人旅観光客」の位置情報サービスの推進等
2012.08.13 (月) 済州道政ニュース contributor@jejujapan.com

   
 

済州特別自治道はオルレ道探訪客の安全確保のため、関連機関との共助を強化していくことにした。

済州特別自治道は、特別自治行政局長を総責任者とした行政、警察、海洋警察、㈳オルレ、関係機関・団体など15名による、オルレ道安全対策実務協議会を30日、発足させた。

実務協議会では、オルレ道探訪客の安全対策に関する事項を緊急措置事項、短期措置事項、中・長期措置事項に区分して推進するも、緊急に措置が必要な事項は、機関・団体別に役割を分担し集中的に推進することにした。

まず、「一人旅女性」探訪客が危険な状況に処した場合、端末機のボタンを押すだけで112状況室に自動的に申告及び位置情報を電送できるシステムの構築を緊急に推進する。

この為、プログラムの開発とサーバー構築用端末機300台を購入、空港・港湾案内所及びオルレ道探訪案内所に各々備え付け、一人旅観光客に貸与することにした。

又、オルレコース別にオルレ番を配置、運営する。オルレ番は、村が推薦する住民を採用、オルレコース中脆弱地の巡回と探訪客の身辺の安全を守る役割を担当することになる。

これと共に、オルレ道に対する合同安全点検を実施し、実施結果に従い段階別に措置を取っていく。合同安全点検は、警察、行政、㈳オルレが合同で去る1日から7日まで実施した。

合同安全点検結果によりCCTVの設置が必要な場所は、最小限に限定してCCTVの設置いかんを検討する一方、案内板などの安全施設も補強していくことにした。

同時に、オルレ道周辺の民宿、ゲストハウス、ペンションなどオルレ観光客が多く利用する宿泊施設を中心に、安全守則に対する広報を強化していくことにした。

オルレコースの携帯電話難聴地域の解消も重点的に行われる。オルレコース中 携帯電話難聴地域としてピックアップされた五つのコース(11, 14, 14-1, 18-1, 19)6区間に対し、電波管理所(通信社)と共に、難聴地域の緊急改善事業を推進していくこととした。

CCTV統合管制センターインフラ事業を早期に構築・推進する。今年10月から本格的に稼動予定であるCCTV 統合管制センターの滞りない推進とインフラの早期構築、各種申告時112指令隊・119状況システムと連動した24時間緊急出動体系を構築していく計画である。

CCTVの設置は、関連機関合同安全診断結果により、探訪客の安全に危険が予想される地域を対象に、最小限の範囲内に限定し、実施していく方針である。

済州特別自治道関係者は、「今年国内外観光客1000万名誘致目標が達成される為には、何よりも観光客の安全が最優先されなければならず」、「オルレ道の安全対策に対する支援などを通じ、失墜した観光地のイメージを一日も早く回復し、同時に国際観光地としての威信と水準に合った安全網を確保するため、全ての行政力を集中していく」ことを明らかにした。


お問合せ)自治行政課 自治行政担当 710-6831

記事;済州道政ニュース(http://news.jeju.go.kr) 2012.8.6より転載

     関連記事
· ソ・ミョンスク理事長「オルレの安全補完、直ちに実施」
ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。