Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > 観光 | Tourism
龍の気を受けるために出かけてみてはいかがですか?
2012.02.16 (木) 高恩英 ey7023@jejujapan.com

2012年、済州で出会う龍の痕跡

記者 : 高恩英   ey7023@jejujapan.com

昔から龍は、最高の権威を備えた想像の動物として貴ばれ神聖視されてきたので、今でも私たちの生活の随所にその姿を認めることができる。

例えば人名や地名に使われることが多い。国土地理院が2012年壬辰年、龍の年を迎えて、我が国の150余万の地名を調査した結果、我が国で龍と関連した地域名は総1261で、済州にはそのうちの12の地名があることが明らかになった。

出世、富貴、映画、願いの実現、権力、帝王などを象徴する龍、そうした龍の気を受けるための済州の異色旅行はいかがでしょうか?数多くの済州の観光地の中でも龍と関連し、龍の気を受けることができる名所を選んでみた。

 

「王侯の地の脈が断たれてしまった伝説」
龍頭(ヨンモリ)海岸

位置:済州西帰浦市安徳面沙渓里

   
▲ 雲がかかった山房山と波打つ龍頭(ヨンモリ)海岸    写真提供:済州特別自治道

2010年に世界ジオパークに指定された龍頭海岸。内龍頭(アンヨンモリ)は地形があたかも龍が頭を上げて海に飛び込もうとする姿勢から付けられた名前である。龍頭海岸は数千年間重なりに重なって形成された砂岩層の一つで、その玄妙なる海岸絶景には誰しも感嘆詞を連発せずにはおれない。

伝説中国の秦の始皇帝は天下統一を果たしたが、それでもなお自分が築き上げた王国が脅威を受けるのではないかと戦々恐々とし、万里の長城を築城しておきながらも心穏やかではなかった。そのうえ、地理書を見ると、耽羅の島に王侯の地があり、帝王が生まれるであろうと記されており、ますます心配を募らせた。そこで、風水師「胡宗旦」を派遣し、背中と尾の脈を断たせた。すると、赤黒い血がほとばしり、ゴロゴロゴロゴロという呻き声、悲しそうな泣き声が続き、それ以降、王侯の地の脈は断たれてしまった。

今でも龍頭海岸に行けば、砂岩層に背と尾を刀で切った痕跡が残っており、そこを訪れる人々は、その場にまつわる昔の伝説の不思議さに好奇心を募らせる。

 


「荒れ狂う暴風に龍がしばしの休息を取った」
龍臥(ヨンヌニ)オルム

位置:済州道旧座邑終達里

   
▲ 龍臥(ヨンヌニ)オルムの雪景色     写真提供:済州特別自治道

生涯をかけて済州の自然を写真に残した写真家故金永甲氏が最も愛した龍臥オルムはいかが?

大きな噴火口が龍が横たわっているように見えるから、龍臥オルムと呼ばれ、漢字では龍臥峰と表記される。そのオルムの稜線は龍が横たわって体をくねらせているような形になっており、上から見下ろすと火口の形が龍の眼のように見えるとも言われる。

龍臥オルムはどこから見ても美しい線、ゆったりとした広さが相まって女性的で柔らかな曲線が特徴である。とりわけ噴火口に陽光が射すと、その屈折により光と闇とが交差して、見る人をうっとりさせる壮観を醸し出す。光の芸術家である写真家が好きにならないではいられないのもそのためではなかろうか?

伝説ある夏のこと、忽然と空が暗くなり、土砂降りに暴風が吹き寄せた。一匹の大蛇が城邑から瀛洲山を経て北側に身をよじらせながら飛んでいったところ、城邑にあるケヤキが折れて、北側の海に向かっていた龍は昇天の途上、そこでしばし留まることになった。 

 


「昇天できなかった龍の伝説」
龍頭岩 (ヨンドゥアム)

位置:済州市龍譚二洞

   
▲ 龍頭岩(ヨンドゥアム)の日の出    写真提供:済州特別自治道

龍頭巖は済州特別自治道済州市龍譚洞龍淵付近の海辺で龍の頭の形をした岩であり、高さは10mである。済州を代表する、名実ともに第一の観光地であり、空港から5分の距離ということもあって、済州を訪れる観光客であれば、必ずや立ち寄る必須コースでもある。激しい波濤にも持ちこたえて、にょっきりと立っている姿がまさに龍を想起させる。

伝説昔、龍宮で暮らしていた大蛇一匹が昇天しようとしたが、容易ではなかった。漢拏山の神霊の玉を持っていれば昇天できることを知った龍は、漢拏山の神霊の玉をこっそりと盗み、龍淵渓谷に身を隠しながら無事に降りてきたが、龍淵の果ての海辺で昇天しようとしているところを見つかってしまい、昇天する瞬間に、激怒した漢拏山の神霊の矢を受けて、海に墜落してしまった。龍は昇天できなかった恨と苦痛で体をねじり、泣き叫ぶ姿のままに岩になってしまった。

ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。